アーティストトーク@「見る、知る、感じる—現代の書」東京都美術館

IMG_3695.jpg

IMG_3694.jpgIMG_3696.jpg

 

連日、大勢の方にお運びいただき

誠にありがとうございます。

 

いつの間にか

12月になってしまいましたが

この展覧会は

来年の1月6日まで

開催しております。

ぜひぜひ

お誘い合わせの上

お越しください。

 

さて、

12月8日(土)14:00〜15:30

会場にて

秋山和也先生、千葉蒼玄先生、金敷に

よります

アーティストトークを

開催いたします。

 

みなさまとお会いできるのを

楽しみに会場で

お待ちしています。

 

 

東京都美術館/ギャラリーA・C

 


コメント
昨日 やっと拝見できました。
光に照らされた作品を見てたら
通りすがりの子供達 八割がたが
手を伸ばして 文字に触れようとして
一緒の大人にたしなめられてました 笑
先生の作品が
こんな小さな子供達の興味も刺激し
この子達がまた書を継ぐ
ひとりひとりになっていくのかもなと思うと
勝手に胸熱になりました。
インタビュー映像もとても感動的でした。
千年先を見つめての作品製作
大切なことですね
素晴らしい作品展をありがとうございました。
金敷駸房様、はじめまして。不躾をお許しください。#村山槐多で、作品を拝見し、ネットで調べ、居ても立ってもいられず、ここにコメントさせていただきます。

19歳の美大予備校生の時、私は、なかなか上達しない自分に苛立ち、若さの屈折したエネルギーをぶつけるような、激しい絵を描いていました。

その絵を見ていた教官の方が、「お前は、『火だるま槐多』みたいな絵を描いてるな…」と言い、その言葉から興味を持って画集を見たのが、槐多との出会いでした。

以来、35年、今年は、槐多没後100年の年です。金敷さんも、槐多の熱烈なファンだと思います。作品、槐多への熱を感じました。想いが溢れ出すようで、凄い…と、鳥肌が立つ思いがしました。


私、15日より、神楽坂セッションハウスギャラリーにて、『黄金小僧の帰還』というタイトルで、槐多を追悼する個展を致します。金敷さん、お時間がありましたら、是非、観にいらっしゃってください。

セッションハウスギャラリーのHPに、紹介があります。

突然で、失礼しました。作品、直に見たかったです。でも、写真でも感動しました。ありがとうございました。
  • 内村水美
  • 2019/02/11 3:15 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profilephoto カウンター


過去の記事

最近のコメント



「きびにふす」 内を検索

qrcode